コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山 松吉 コヤマ マツキチ

20世紀日本人名事典の解説

小山 松吉
コヤマ マツキチ

大正・昭和期の司法官 法相;検事総長;法政大学総長。



生年
明治2年9月28日(1869年)

没年
昭和23(1948)年3月27日

出生地
茨城県水戸

旧姓(旧名)
高橋

学歴〔年〕
独逸協会学校専修科〔明治25年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔昭和15年〕

経歴
明治26年司法官試補、29年検事、熊本、長崎、東京勤務。34年判事に転じ、長崎地方裁判所判事、同控訴院判事、同地裁部長。39年再び検事となり東京控訴院検事、神戸地方裁判所検事正、長崎控訴院検事長、大審院検事を経て大正10年判検事登用試験弁護士試験各委員長、13年検事総長に就任、以来在職8年に及ぶ。この間大逆事件、朴烈、虎ノ門事件などを扱った。昭和7年斎藤実内閣の法相、8年司法赤化事件で辞表を提出するが天皇沙汰で留任。9年勅選貴院議員、9〜17年法政大学総長。著書に「刑事訴訟法提要」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小山 松吉
コヤマ マツキチ


肩書
法相,検事総長,法政大学総長

旧名・旧姓
旧姓=高橋

生年月日
明治2年9月28日

出生地
茨城県水戸

学歴
独逸協会学校専修科〔明治25年〕卒

学位
法学博士〔昭和15年〕

経歴
明治26年司法官試補、29年検事、熊本、長崎、東京勤務。34年判事に転じ、長崎地方裁判所判事、同控訴院判事、同地裁部長。39年再び検事となり東京控訴院検事、神戸地方裁判所検事正、長崎控訴院検事長、大審院検事を経て大正10年判検事登用試験弁護士試験各委員長、13年検事総長に就任、以来在職8年に及ぶ。この間大逆事件、朴烈、虎ノ門事件などを扱った。昭和7年斎藤実内閣の法相、8年司法赤化事件で辞表を提出するが天皇沙汰で留任。9年勅選貴院議員、9〜17年法政大学総長。著書に「刑事訴訟法提要」。

没年月日
昭和23年3月27日

家族
孫=山下 洋輔(ジャズピアニスト)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

小山 松吉 (こやま まつきち)

生年月日:1869年9月28日
大正時代;昭和時代の官僚。貴族院議員;法政大学総長
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

小山 松吉の関連キーワード統帥権干犯問題小林 芳郎貴族院議員昭和時代高瀬羽皐国本社

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android