小山 栄達(読み)コヤマ エイタツ

20世紀日本人名事典の解説

小山 栄達
コヤマ エイタツ

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治13(1880)年3月17日

没年
昭和20(1945)年8月18日

出生地
東京・小石川

本名
小山 政治

経歴
初め本多錦吉郎に洋画を学び、のち鈴木栄暁、小堀鞆音に師事、土佐派・狩野派の両派を学ぶ。歴史風俗画会で有識故実を研鑽、明治31年安田靫彦らと紫紅会を結成し、33年今村紫紅を迎え紅児会と改称し活動。38年上野で戦画展を開き注目され、同年〜40年「報知新聞」挿絵の仕事に従事。同年東京勧業博覧会「宗任」が3等銅賞となる。44年第5回文展で「兵燹」が初入選。以後も文展、帝展に歴史画や武者絵を出品し入選を重ねた。昭和13年新文展に無鑑査出品となる。この間、紅児会、巽画会にも会員として多数出品。また大正6年町田曲江、矢沢弦月らと芸術社を組織した。主な作品に「大衆勢」「矢頃」「雷鳴之陣」「潮満つ夕」「鷲尾経春」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android