コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山富士夫 こやま ふじお

1件 の用語解説(小山富士夫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小山富士夫

陶磁研究家・陶芸家。岡山県生。瀬戸、京都で陶芸を学ぶ。東洋陶磁研究所にて作陶を離れ古陶器の研究に専念、さらに東京帝室博物館文化財保護委員会に勤務する。また日本陶磁協会、日本工芸会、東洋陶磁学会の設立に尽力。晩年作陶活動を再開した。著書に『宋磁』『東洋古陶磁』等がある。昭和50年(1975)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小山富士夫の関連キーワード藤原建宇野宗甕鈴木八郎森繁夫加藤英一黒井一楽黒田陶々庵奥田誠一小山冨士夫田内梅軒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone