小岩井 浄(読み)コイワイ キヨシ

20世紀日本人名事典「小岩井 浄」の解説

小岩井 浄
コイワイ キヨシ

大正・昭和期の政治学者,社会運動家,弁護士 愛知大学学長。



生年
明治30(1897)年6月9日

没年
昭和34(1959)年2月19日

出生地
長野県松本市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔大正11年〕

経歴
早くから社会主義に関心を抱き、東大時代は新人会のメンバーとして活躍。卒業後弁護士となり、日農顧問弁護士として活躍、また共産党に入党し大阪支部長となる。大正12年の第1次共産党事件で検挙され、昭和2年の出獄後は労働農民党に参加。4年大阪市議となり、6年大阪府議となる。その間数回にわたって検挙され、戦時中は東亜同文書院教授などを歴任戦後は愛知大学学長などを歴任した。著書に「労働者と国家」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「小岩井 浄」の解説

小岩井 浄 (こいわい きよし)

生年月日:1897年6月9日
大正時代;昭和時代の政治学者;弁護士。愛知大学学長
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android