小島 小一郎(読み)コジマ コイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

小島 小一郎
コジマ コイチロウ

大正・昭和期の農民運動家 元・山形県議;元・日農山形県連会長。



生年
明治21(1888)年1月15日

没年
昭和35(1960)年2月17日

出生地
山形県飽海郡中平田村(現・酒田市)

経歴
大正12年中平田村で耕作人組合を結成したのをはじめ、14年には庄内耕作人組合連盟を結成して副会長になり、日農に加盟。昭和2年日本労農党を支持し、全日農山形県連会長になる。13年大日本農民組合に合流し山形県連会長となり、また社会大衆党山形県連会長となり、14年県議となる。戦後は日農の創立に参加し山形県連会長になった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android