コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川[村] おがわ

世界大百科事典 第2版の解説

おがわ【小川[村]】

長野県北部,上水内(かみみのち)郡の村。人口3888(1995)。筑摩山地に位置し,大部分が犀(さい)川の支流土尻川上流域を占める農山村。一部は北の裾花川流域にまたがる。土尻川沿いの狭い平地と山間の傾斜地に100余の集落が散在する。中心集落の高府は県道長野・大町線沿いの街村で,戸隠村に通ずる小川・戸隠線が分岐しており,古くから山中の交通上の要地であった。山腹の急斜面を利用した農業が主産業で,養蚕,畜産のほか,リンゴ,タバコなどが栽培される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android