コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川文斎(初代) おがわ ぶんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川文斎(初代) おがわ-ぶんさい

1809-1885 江戸後期-明治時代の陶工。
文化6年生まれ。天保(てんぽう)10年(1839)大坂天満(てんま)に窯をひらく。一条家にみとめられ,弘化(こうか)4年山城(京都府)相楽郡(そうらくぐん)鹿背山(かせやま)に築窯して陶法を指導した。明治3年紀伊(きい)有田郡(和歌山県)男山に築窯。11年京都にもどり,五条坂で子の鉄之助(2代文斎)とともに製作した。銘は「玉樹園文斎」。明治18年死去。77歳。加賀(石川県)出身。名は久左衛門。通称は文助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小川文斎(初代)の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android