小川 芳樹(読み)オガワ ヨシキ

20世紀日本人名事典の解説

小川 芳樹
オガワ ヨシキ

昭和期の金属工学者 東京帝大工学部教授。



生年
明治35(1902)年3月29日

没年
昭和34(1959)年3月27日

出生地
東京・赤坂

学歴〔年〕
東京帝大工学部冶金学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和9年〕

経歴
東北帝大助教授となり同大金属工業科創設期の基礎を築いた。昭和9年「亜鉛製錬の基礎的研究」で工学博士、12年九州帝大工学部冶金学科教授、17年東大工学部冶金学科教授となった。戦後東北大学選鉱製錬研究所、富山大学、早稲田大学理工学部を兼務した。また東大の原子力関係講座開設に努め、32年工学部原子炉材講座開設と同時に同講座を兼務した。さらに日本鉱業会会長、電気化学協会副会長、金属表面技術協会理事長、日本原子燃料公社顧問、日本原子力委員会核燃料専門部会長、日本原子力産業会議原子動力委員、産業合理化審議会委員、資源調査専門委員などを歴任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android