小帛紗・古帛紗(読み)こぶくさ

大辞林 第三版の解説

こぶくさ【小帛紗・古帛紗】

茶の湯で用いる帛紗の一。高貴な織物または由緒ある布帛ふはくの類で作る。亭主は濃茶の時、茶碗に添えて出し、客は茶入れ・香合などの拝見の際、下に敷いて扱う。出し帛紗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android