小帛紗・古帛紗(読み)こぶくさ

大辞林 第三版の解説

こぶくさ【小帛紗・古帛紗】

茶の湯で用いる帛紗の一。高貴な織物または由緒ある布帛ふはくの類で作る。亭主は濃茶の時、茶碗に添えて出し、客は茶入れ・香合などの拝見の際、下に敷いて扱う。出し帛紗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android