コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小惑星探査機はやぶさ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小惑星探査機はやぶさ

03年5月に打ち上げられ、05年11月に地球から約3億キロ離れた宇宙空間で小惑星イトカワへ着陸して表面試料の採取に挑んだ。機体の大きさは1〜2メートル四方、太陽電池パネルを広げた横幅は5・7メートル。着陸後に燃料漏れに見舞われた影響で通信が一時途絶、地球へ向けて出発するのが遅れた。現在は10年6月ごろの地球帰還を目指している。

(2007-03-19 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

小惑星探査機はやぶさの関連キーワードラブルパイル小惑星彗星・小惑星探査機イオンエンジン1ビット通信MⅤロケットリュウグウ電気推進ウーメラ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小惑星探査機はやぶさの関連情報