コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松昌業

1件 の用語解説(小松昌業の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小松昌業

貴族院議員・宮中顧問官。薩摩藩士小牧良助の次男。字は偉卿・号は桜泉。塩谷宕陰向山黄村の晩翠吟社に学び、造士館教員となる。維新後は諸官を経て内閣書記官長・奈良県知事・帝室博物館長等を歴任し、貴族院議員に勅選された。また大正天皇に漢学を進講、文学博士となり宮中顧問官に任ぜられた。大正11年(1922)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松昌業の関連キーワード二条基弘曽禰荒助川田剛阪本山田春三宮中顧問官貴族院議員園田安賢伊達宗陳

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone