コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松清(2) こまつ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松清(2) こまつ-きよし

1900-1962 昭和時代のフランス文学者,評論家。
明治33年6月13日生まれ。大正10年渡仏,マルローと知りあう。帰国後,舟橋聖一らと行動主義文学運動をおこす。昭和12年「報知新聞」特派員として再渡仏。戦時中ベトナムに滞在し独立運動に参加。戦後は国際文化交流につくした。昭和37年6月5日死去。61歳。兵庫県出身。神戸高商中退。著作に「ヴェトナムの血」,訳書にマルロー「征服者」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小松清(2)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android