小松 輝久(読み)コマツ テルヒサ

20世紀日本人名事典「小松 輝久」の解説

小松 輝久
コマツ テルヒサ

明治〜昭和期の皇族,海軍軍人 平安神宮宮司。



生年
明治21(1888)年8月12日

没年
昭和45(1970)年11月5日

出生地
東京

学歴〔年〕
海軍兵学校卒,海軍大学卒

経歴
明治43年小松のを賜い華族に列せられ、侯爵。同年海軍少尉となり、「那智艦長、海軍大学校教頭、第1水雷戦隊司令官、海軍潜水学校長を歴任し、昭和15年中将、旅順要港部司令官、18年佐世保鎮守府長官、19年海軍兵学校校長。他に貴族院議員戦後は平安神宮宮司を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android