小林 勝(読み)コバヤシ マサル

20世紀日本人名事典の解説

小林 勝
コバヤシ マサル

昭和期の劇作家,シナリオライター 早稲田大学講師。



生年
明治35(1902)年7月22日

没年
昭和57(1982)年9月7日

出生地
愛知県

本名
小林 玄勝(コバヤシ ゲンショウ)

学歴〔年〕
東京帝大美学美術史科卒

経歴
在学中、第9次・第10次「新思潮」の同人となり、「五人組事件」などの戯曲を発表。東大卒業後、PCL(写真化学研究所)脚本部に所属し、映画シナリオを手がける。日本の映画シナリオ作家の草分けで、代表作は夏目漱石の作品を映画化した「坊ちゃん」「こころ」「吾輩は猫である」など。戦後は昭和25年から45年まで映倫審査員を務めた。また“ラジオ小説”という新しい放送形式を開拓した。

小林 勝
コバヤシ マサル

昭和期の小説家,劇作家



生年
昭和2(1927)年11月7日

没年
昭和46(1971)年3月25日

出生地
旧朝鮮・慶尚南道晋州

学歴〔年〕
早稲田大学露文科〔昭和26年〕中退

主な受賞名〔年〕
新劇戯曲賞(第6回)〔昭和35年〕「

経歴
早大在学中の昭和25年、レッド・パージ反対闘争で停学処分を受けて退学する。27年火焰壜闘争で逮捕され、29年懲役1年の実刑判決を受け、34年最高裁で上告棄却となる。この間、27年に「ある朝鮮人の話」を発表。31年発表の「フォード・一九二七年」「軍用露語教程」が芥川賞候補作品となる。35年発表の戯曲「檻」で新劇戯曲賞を受賞した。他の作品に「断層地帯」「強制招待旅行」「チョッパリ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小林 勝 (こばやし まさる)

生年月日:1927年11月7日
昭和時代の小説家;劇作家
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林 勝の関連情報