小林 柯白(読み)コバヤシ カハク

20世紀日本人名事典の解説

小林 柯白
コバヤシ カハク

大正・昭和期の日本画家



生年
明治29(1896)年10月

没年
昭和18(1943)年11月8日

出生地
大阪府

本名
小林 茂雄

経歴
明治45年上京、今村紫紅に師事、大正5年紫紅死去で安田靫彦についた。7年第5回院展で「峰坂山」初入選。9年第7回院展で「社家町の跡」、10年第8回院展「道頓堀の夜」、11年第9回院展「山」、12年第10回院展「蓮」、13年第11回院展「八瀬大原」が連続入選、同年同人となった。帝展、新文展にも出品。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android