コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林一茶(1763~1827)

1件 の用語解説(小林一茶(1763~1827)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小林一茶(1763~1827)

江戸後期の俳人。今の信濃町柏原に生まれた。2万句に近い俳句を「句日記」に書き残したとされる。最も有名な句日記が、48歳から書いた「七番日記」。

(2009-04-24 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林一茶(1763~1827)の関連キーワード耒耜村田準朔風廬坊暮来黒川惟章一茶柏原白雄株番小島文器須原素交