コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林多喜二(1903~33)

1件 の用語解説(小林多喜二(1903~33)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小林多喜二(1903~33)

秋田県出身。幼少のころ小樽に移住し、小樽高商(現・小樽商大)在学中から文学活動を始めた。旧北海道拓殖銀行に就職し、29年に代表作「蟹工船」を発表。拓銀を免職され、上京してプロレタリア文学活動を続けたが、33年に特高警察に逮捕され、築地警察署で拷問死した。

(2012-02-22 朝日新聞 朝刊 2道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林多喜二(1903~33)の関連キーワード小樽市小林多喜二小樽商科大学小樽小野こまち出羽の鬼ころし上田重良正木清小樽の女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林多喜二(1903~33)の関連情報