コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林雲道人

美術人名辞典の解説

小林雲道人

異色作家・僧。東京浅草生。名は貞次郎、号に全鼎・雲庵・泗水庵・潜丁・黄昏居など。はじめ天龍寺に修行し、のち書・画・篆刻・陶芸と幅広い分野に活躍。文壇画壇・仏教界の重鎮と風交し、特に金閣寺村上慈海とは終生親交があった。日大芸術科書道講師をつとめ、また各地で個展を精力的に開いた。晩年山口県に住した。昭和47年(1972)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android