コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林 一三 コバヤシ イチゾウ

2件 の用語解説(小林 一三の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

小林 一三
コバヤシ イチゾウ

明治〜昭和期の実業家,政治家 阪急グルーブ創始者;元・東宝社長;元・商工相。



生年
明治6年1月3日(1873年)

没年
昭和32(1957)年1月25日

出生地
山梨県北巨摩郡韮崎町(現・韮崎市)

別名
号=逸翁

学歴〔年〕
慶応義塾〔明治25年〕卒

経歴
明治26年三井銀行入社。40年箕面有馬電鉄(現・阪急電鉄)創立に参加して専務となり、大正3年宝塚少女歌劇、東宝映画などを創設、昭和2年社長。阪急百貨店、東京電灯(東京電力の前身)各社長のほか、15年第2次近衛内閣の商工相も務め、“今様太閤”といわれた。敗戦後も20年幣原内閣国務相、復興院総裁に就任。21年公職追放。26年解除後東宝社長に就任、コマ劇場を建設した。43年野球殿堂入り。著書に「小林一三全集」(全7巻)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小林 一三
コバヤシ イチゾウ


肩書
元・商工相,阪急グルーブ創始者,元・東宝社長

別名
号=逸翁

生年月日
明治6年1月3日

出生地
山梨県北巨摩郡韮崎町(現・韮崎市)

学歴
慶応義塾〔明治25年〕卒

経歴
明治26年三井銀行入社。40年箕面有馬電鉄(現・阪急電鉄)創立に参加して専務となり、大正3年宝塚少女歌劇、東宝映画などを創設、昭和2年社長。阪急百貨店、東京電灯(東京電力の前身)各社長のほか、15年第2次近衛内閣の商工相も務め、“今様太閤”といわれた。敗戦後も20年幣原内閣の国務相、復興院総裁に就任。21年公職追放。26年解除後東宝社長に就任、コマ劇場を建設した。43年野球殿堂入り。著書に「小林一三全集」(全7巻)がある。

没年月日
昭和32年1月25日

家族
長男=小林 富佐雄(東宝社長) 三男=小林 米三(阪急電鉄社長) 孫=松岡 功(東宝会長) ひ孫=松岡 修造(テニス選手)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林 一三の関連情報