コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柳早見氏

1件 の用語解説(小柳早見氏の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小柳早見氏

1903年、佐賀県神埼郡生まれ。17歳で佐世保市に移り住み、病院の人力車夫として働きながら健脚を培った。国体の前身である明治神宮大会の1万メートルで2度優升33年大会では32分06秒の日本新記録を打ち立てるなど、戦前の長距離走第一人者として活躍した。「小柳賞短縮マラソン」として始まった1951年の第1回大会では、スターターとして号砲を鳴らした。55年死去。

(2011-01-08 朝日新聞 朝刊 長崎 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

小柳早見氏の関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小柳早見氏の関連情報