コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柳賞佐世保シティロードレース大会

1件 の用語解説(小柳賞佐世保シティロードレース大会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小柳賞佐世保シティロードレース大会

佐世保市ゆかりの長距離走者、故・小柳早見(こやなぎはやみ)氏(1903―55)の活躍をたたえ、51年に「小柳賞短縮マラソン」として始まった。小柳氏は佐賀県神埼郡生まれ。5歳で陸上競技の練習を始め、17歳で佐世保市に移り住んだ。トレーニングも兼ねて病院の人力車夫として働き、21歳で福岡市であった国際オリンピック全九州予選会に優升明治神宮大会の1万メートルに6回出場し、22歳の第2回大会と、30歳の第7回大会で優勝した。

(2009-01-09 朝日新聞 朝刊 長崎 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小柳賞佐世保シティロードレース大会の関連情報