コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ)

1件 の用語解説(小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ)

1827年江戸生まれ。32歳だった60年、目付として遣米使節団に加わる。米国内の工場を視察し、工業近代化の必要性を痛感。帰国後、横須賀造船所の建設に着手した。日本で最初の株式会社を設立したほか、中央銀行の設立や郵便事業などを提唱した。勘定奉行を罷免後、68年に領地の権田村(現高崎市倉渕町)に移り住むが、「砲台を築いた」などとして、新政府から反乱の嫌疑をかけられ、処刑された。

(2009-05-26 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ)の関連キーワード菅原洞斎鏑木雲洞江戸生艶気樺焼何だったらバロリス中浜(ジョン)万次郎横浜・米軍機墜落事故生島大吉(初代)嶋正祥平田三之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小栗上野介忠順(おぐり・こうずけのすけ・ただまさ)の関連情報