小森 武(読み)コモリ タケシ

20世紀日本人名事典の解説

小森 武
コモリ タケシ

昭和期の政治顧問 元・都政調査会常務理事。



生年
明治45(1912)年6月10日

没年
平成11(1999)年3月24日

出生地
栃木県益子町

学歴〔年〕
豊島高等師範中退

経歴
戦前、第2次人民戦線事件に連座して検挙される。戦後は黄土社を興し、主として労農派学者の著書出版に尽力。昭和30年都政調査会を創設し、都市・地域問題の調査・研究を行なう。42〜54年美濃部亮吉都知事のブレーンとして活躍、陰の知事などと呼ばれた。三島由紀夫の小説「宴のあと」にモデル化されたこともある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小森 武 (こもり たけし)

生年月日:1912年6月10日
昭和時代の政治顧問。都政調査会常務理事
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android