小橋 一太(読み)コバシ イチタ

20世紀日本人名事典の解説

小橋 一太
コバシ イチタ

大正・昭和期の官僚,政治家 衆院議員(立憲民政党);文相;東京市長。



生年
明治3年10月1日(1870年)

没年
昭和14(1939)年10月2日

出生地
熊本県

学歴〔年〕
東京帝大法科大学英法科〔明治31年〕卒

経歴
内務省に入り、山口・長崎各県参事官、文書課長、地方・土木各局長、明治41年欧米出張、衛生・地方各局長、大正7年原敬内閣内務次官。9年衆院議員となり当選3回。政友会政務調査会長などを経て13年清浦奎吾内閣書記官長、政友本党総務。昭和2年立憲民政党結成に参画、4年浜口雄幸内閣文部大臣となったが、越後鉄道疑獄事件で辞任、12年東京市長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小橋 一太
コバシ イチタ


肩書
衆院議員(立憲民政党),文相,東京市長

生年月日
明治3年10月1日

出生地
熊本県

学歴
東京帝大法科大学英法科〔明治31年〕卒

経歴
内務省に入り、山口・長崎各県参事官、文書課長、地方・土木各局長、明治41年欧米出張、衛生・地方各局長、大正7年原敬内閣内務次官。9年衆院議員となり当選3回。政友会政務調査会長などを経て13年清浦奎吾内閣書記官長、政友本党総務。昭和2年立憲民政党結成に参画、4年浜口雄幸内閣文部大臣となったが、越後鉄道疑獄事件で辞任、12年東京市長となった。

没年月日
昭和14年10月2日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android