小橋安蔵(こばしやすぞう)(読み)こばしやすぞう

  • 1808―1872
  • 小橋安蔵

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幕末の勤皇家。讃岐国(さぬきのくに)香川郡円座(えんざ)村(高松市円座町)の出身。幼名友之輔(とものすけ)、諱(いみな)は以文(いぶん)、字(あざな)は伯友、香水と号す。幼少より漢籍、数学を伊藤南岳(いとうなんがく)に学ぶ。また大坂の篠崎小竹(しのざきしょうちく)、後藤松陰(ごとうしょういん)、江戸の古賀侗庵(こがどうあん)、藤森弘庵(ふじもりこうあん)、大槻盤渓(おおつきばんけい)らに学び、子友之輔とともに勤皇を唱える。1863年(文久3)大和行幸(やまとぎょうこう)に際し高松藩に嫌疑を受け、その後もたびたび藩獄に入る。資産を投じて国事に奔走し、とくに武器弾薬を扱ったためであった。なお、弟龍山(りゅうざん)、橘陰(きついん)、妹村岡箏子(ことこ)、女婿(じょせい)太田次郎も勤皇の志をもち、ともに活躍した。

[橋詰 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android