小此木 彦三郎(読み)オコノギ ヒコサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

小此木 彦三郎
オコノギ ヒコサブロウ

昭和・平成期の政治家 衆院議員(自民党)。



生年
昭和3(1928)年1月26日

没年
平成3(1991)年11月4日

出生地
神奈川県横浜市中区末吉町

学歴〔年〕
早稲田大学文学部哲学科〔昭和27年〕卒

経歴
家業の材木商の社長をつとめ、昭和38年横浜市議を経て、44年衆院議員に当選。以来8期。外務、運輸政務次官を経て、58年通産相、63年竹下改造内閣の建設相に就任。平成3年衆院政治改革特別委員長に就任、政治改革関連法案の廃案を宣言。渡辺派。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小此木 彦三郎
オコノギ ヒコサブロウ


肩書
衆院議員(自民党)

生年月日
昭和3年1月26日

出生地
神奈川県横浜市中区末吉町

学歴
早稲田大学文学部哲学科〔昭和27年〕卒

経歴
家業の材木商の社長をつとめ、昭和38年横浜市議を経て、44年衆院議員に当選。以来8期。外務、運輸政務次官を経て、58年通産相、63年竹下改造内閣の建設相に就任。平成3年衆院政治改革特別委員長に就任、政治改革関連法案の廃案を宣言。渡辺派。

趣味
ゴルフ 読書

没年月日
平成3年11月4日

家族
父=小此木 歌治(衆院議員) 息子=小此木 八郎(衆院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

小此木 彦三郎 (おこのぎ ひこさぶろう)

生年月日:1928年1月26日
昭和時代;平成時代の政治家。衆議院議員
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小此木 彦三郎の関連情報