コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉内閣での医療の規制緩和

1件 の用語解説(小泉内閣での医療の規制緩和の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小泉内閣での医療の規制緩和

規制改革・民間開放推進会議(現在の規制改革会議の前身)が2004年8月に混合診療の解禁を求めた。混合診療は保険診療保険外診療を併用することだ。厚生労働省高度先進医療差額ベッドなどに限って併用を例外的に認め、それ以外は禁止していた。そのため未承認の薬や医療機器などが用いられれば、本来は保険診療の対象となる検査や診拶入院費なども保険請求できない。同会議はこの規制を撤廃するよう主張した。2004年12月に厚労相と規制改革担当相が保険診療と保険外診療を併用する範囲を広げることで合意。その際、「必要かつ適切な医療は基本的に保険診療により確保する」ことが確認された。先進医療を保険診療にするかどうかは、技術の有効性や安全性だけでなく、普及の度合いや、技術的な成熟度なども考慮しながら決定される。

(2009-05-29 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小泉内閣での医療の規制緩和の関連キーワード農業協同組合JA規制改革・競争政策協議規制改革・競争政策対話農協規制改革会議規制改革規制改革・民間開放推進会議混合診療解禁問題規制改革・構造改革特区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone