コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉檀山 こいずみ だんざん

美術人名辞典の解説

小泉檀山

江戸後期の画家。下野生。名は斐、字は子璋、別号青鸞・斐文道人等。画を島崎雲圃に学び、のち江戸の諸名家と交わる。特に写生を能くし、陶画・油絵・盆画等にも秀でる。殊に鮎と猫は真に迫るといわれた。嘉永7年(1854)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

小泉檀山の関連キーワード立原杏所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android