小漬・小付(読み)こづけ

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐づけ【小漬・小付】

※高野山文書‐文永一〇年(1273)八月日・高野山并天野宮学頭坊世事式目「停止饗膳小付事」
※酒食論(室町)「酒も小づけもこのむ中戸なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android