小田急電鉄(株)(読み)おだきゅうでんてつ

  • 小田急電鉄

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都、神奈川県下に路線をもつ大手民営鉄道。新宿―小田原間82.5キロメートル(小田原線)、相模(さがみ)大野―片瀬江ノ島間27.4キロメートル(江ノ島線)、新百合ヶ丘(しんゆりがおか)―唐木田間10.6キロメートル(多摩線)の、総延長120.5キロメートルの路線をもつ(2012)。
 利光鶴松(としみつつるまつ)(1863―1945)が1923年(大正12)設立し、1927年(昭和2)営業を開始した小田原急行鉄道を前身とし、1941年に同じく利光の事業であった鬼怒川(きぬがわ)水力電気会社と合併して小田急電鉄となった。その間、1929年に江ノ島線が開通している。東京付近の交通調整策に沿って1942年東京急行電鉄に統合、1948年(昭和23)分離して小田急電鉄として再発足した。また、1974~1990年(平成2)には多摩ニュータウンへ乗り入れる多摩線が開通。小田原線は神奈川県内陸部への最初の電車として厚木(あつぎ)、伊勢原、秦野(はだの)市を結ぶとともに東京から小田原への最短路となっている。沿線の宅地化は第二次世界大戦前は東京市内にとどまり、成城学園前には早くから高級住宅地が形成されたが、戦後は百合ヶ丘(川崎市)から町田へと宅地が広がり、沿線に立地する教育機関も多く、有数の通勤通学路線となっている。このため代々木上原―登戸間の複々線化が進められてきた。
 それとともに箱根(はこね)方面への観光路線としても、再発足後の経営に当たった安藤楢六(あんどうならろく)(1900―1984)の下で発展を遂げた。そして箱根登山鉄道、JR御殿場(ごてんば)線へ乗り入れ運転を行い、特急「ロマンスカー」に次々と新型車を投入、ロープウェーや芦ノ湖の観光船経営に乗り出すなど、「箱根山戦争」とよばれる西武鉄道グループとの激しい競争を展開した。なお、東京地下鉄千代田線との相互直通運転や特急列車の乗り入れも行っている。
 自動車事業は別会社が行っており、会社全体では鉄道事業の比重が大きい。[和久田康雄]
『『小田急75年史』(2003・小田急電鉄) ▽『鉄道ピクトリアル別冊12月号 小田急電鉄:1960~70』(2002・鉄道図書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android