コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原の外来植物

1件 の用語解説(小笠原の外来植物の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小笠原の外来植物

海岸部などに多いオーストラリア原産の外来樹モクマオウは、大量の枯れ葉を落とすのが特徴。この枯れ葉が地面に降り積もると、在来植物がほとんど生えることができず、アカギに次ぐ大きな問題となっている。中米原産のマメ科植物ギンネムは、繁殖力が強く、やせた土地にも入り込んでいる。このほか、熱帯アジア・オーストラリア原産のガジュマルメキシコ原産のアオノリュウゼツラン、熱帯アメリカ原産のシチヘンゲなどが目立つ。

(2006-07-19 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠原の外来植物の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語オーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアン・キャトル・ドッグオーストラリアン・ケルピーオーストラリアン・シルキー・テリアオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ミストオーストラリアン種 (Australian Pony, Australian)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone