コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原海台 おがさわらかいだい

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕小笠原海台(おがさわらかいだい)


小笠原群島の南東沖にある浅海水深520mの東(ひがし)海山を中心に北海山・南海山・西海山・北東海丘などからなる。東西約280km、南北約160km。西側の母島(ははじま)海山(水深988m)との間の鞍部(あんぶ)で伊豆(いず)-小笠原海溝マリアナ海溝とを南北に分ける。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

小笠原海台の関連キーワード伊豆伊豆・小笠原海溝伊豆・小笠原海溝大陸棚限界委員会海洋資源母島海山鞍部

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠原海台の関連情報