コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原海台 おがさわらかいだい

1件 の用語解説(小笠原海台の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕小笠原海台(おがさわらかいだい)


小笠原群島の南東沖にある浅海。水深520mの東(ひがし)海山を中心に北海山・南海山・西海山・北東海丘などからなる。東西約280km、南北約160km。西側の母島(ははじま)海山(水深988m)との間の鞍部(あんぶ)で伊豆(いず)-小笠原海溝マリアナ海溝とを南北に分ける。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小笠原海台の関連キーワード小笠原国立公園母島聟島列島小笠原小笠原騒動伊豆小笠原海溝小笠原群島小笠原清宗小笠原長尭伊豆・小笠原海溝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小笠原海台の関連情報