コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原諸島の自然

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小笠原諸島の自然

東京湾から約千キロ南に連なり「東洋のガラパゴス」とも呼ばれる。大陸と陸続きになったことがなく、独自の進化をとげた固有種が多い。国の天然記念物オガサワラオオコウモリや、カタツムリの一種カタマイマイ、常緑樹シロトベラなどは小笠原にしかない。貴重な生態系は外来種に脅かされてきた。ネコが野生化してアカガシラカラスバトを襲い、ヤギが植物を食い荒らし、オオヒキガエルやトカゲのグリーンアノールが固有のオガサワラシジミなどの昆虫を食べた。村などはこうした外来種の駆除に取り組んできた。

(2011-05-08 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠原諸島の自然の関連情報