小笠原 登(読み)オガサワラ ノボル

20世紀日本人名事典の解説

小笠原 登
オガサワラ ノボル

昭和期の医師,仏教者



生年
明治21(1888)年7月10日

没年
昭和45(1970)年12月12日

出生地
愛知県

学歴〔年〕
京都帝大医学部〔大正4年〕卒

主な受賞名〔年〕
東京弁護士会人権賞(第16回)〔平成13年〕

経歴
京大医学部皮膚科学教室に入局、のち同大附属皮膚病特別研究施設初代主任。実家の浄土真宗円周寺では江戸時代からハンセン病患者の世話にあたりその経験からハンセン病体質病説を唱え、絶対隔離主義者の光田健輔らと対立。昭和16年の日本らい学会で両派論戦、体質論が否定された。その後も外来治療に当たり、西占貢、和泉真蔵らに引き継がれた。没後「小笠原登先生業績抄録」が刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小笠原 登の関連情報