小糠・粉糠(読み)こぬか

精選版 日本国語大辞典「小糠・粉糠」の解説

こ‐ぬか【小糠・粉糠】

〘名〙
① (「こ」は接頭語) 玄米などの穀類を精白するときに、果皮や胚芽(はいが)などが細かく砕けて生ずる粉末。ぬかみそ漬けや飼料・肥料などに用いられる。また、江戸前期から明治頃までは、布袋に入れて入浴や洗顔の際に用いた。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
咄本・一休咄(1668)三「ふたをあけて見給へば、めしにはあらで、こぬかをもりてすへたりける」
※雑俳・火燵びらき(1738)「おかさまの・手あらいにまで小糠殿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android