小糠三合あるならば入婿すな(読み)こぬかさんごうあるならばいりむこすな

精選版 日本国語大辞典の解説

こぬかさんごう【小糠三合】=あるならば[=持(もっ)たら]入婿(いりむこ)すな

男は、わずかでも財産があるならば、他家への入婿養子などをしないで、独立して一家を立てるべきであるという小糠三合
※浄瑠璃・卯月の紅葉(1706頃)上「こぬか三合有ならばいりむこすなと云ふことは我身の上のたとへかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android