コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小糸製作所[株](読み)こいとせいさくしょ

百科事典マイペディアの解説

小糸製作所[株]【こいとせいさくしょ】

自動車用照明器の大手メーカー。トヨタ自動車向けが約5割を占める。1915年小糸源六郎が鉄道信号灯用フレネルレンズ製造販売の小糸源六郎商店を創業。1936年小糸製作所として設立。創業後,照明器を次々と国産化し,1960年代のモータリゼーションの波に乗って急成長。1972年トヨタから役員を迎え入れて提携を強化した。生産面では,いち早く海外現地生産に力を注ぐ。1989年米国のブーン・ピケンズが突如大株主として登場,役員派遣などの株主権を主張し社会問題化した。本社東京,工場静岡,榛原,吉川ほか。2011年資本金142億円,2011年3月期売上高4289億円。売上構成(%)は,自動車照明関連他・日本60,同・北米11,同・中国19,同・アジア7,同・欧州3。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android