小糸 源六郎(読み)コイト ゲンロクロウ

20世紀日本人名事典「小糸 源六郎」の解説

小糸 源六郎
コイト ゲンロクロウ

大正・昭和期の実業家 小糸製作所名誉会長。



生年
明治16(1883)年7月10日

没年
昭和49(1974)年12月2日

出生地
静岡県富士郡伝法村

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和13年〕,藍綬褒章〔昭和37年〕

経歴
大正元年鉄道信号用ステップ・レンズを開発し、4年小糸源六郎商店を開店。昭和5年小糸製作所改称、11年株式会社に改組し、取締役社長に就任。戦時中は小糸航器工業、小糸重機工業、中京電機などを設立、経営。戦後は一時社長を辞したが28年社長に復帰。37年小糸電機を吸収合併した小糸製作所の会長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「小糸 源六郎」の解説

小糸 源六郎 (こいと げんろくろう)

生年月日:1883年7月10日
大正時代;昭和時代の実業家。小糸製作所会長
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android