小美田 隆美(読み)オミダ タカヨシ

20世紀日本人名事典の解説

小美田 隆美
オミダ タカヨシ

明治・大正期の国家主義者



生年
嘉永5年(1852年)

没年
大正14(1925)年3月3日

出生地
肥前国島原(長崎県)

経歴
剣道に優れ、明治28年渡辺昇と大日本武徳会を創立し副会長なる。伊藤博文・木戸孝允らに接し、政界の裏面で杉山茂丸と共に活躍。のち内田良平と共に、対露開戦に備えて朝鮮に渡り、日韓合邦運動を展開、第一革命に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android