コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅[村] こすげ

1件 の用語解説(小菅[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こすげ【小菅[村]】

山梨県北東部,北都留郡の村。人口1123(1995)。東は東京都に接する。西端の大菩薩峠から発して,東流する小菅川沿いに集落がある。四方を山地に囲まれ,耕地は少なく,ほとんどが山林で占められる。基幹産業は林業であるが,特産物のコンニャクワサビキノコなどの栽培も行われる。過疎化は進んでいるが,近年は弱電などの工場を誘致して,人口の流出を防いでいる。東京都側との交流が盛んで,奥多摩につながる観光地でもあり,小菅川,白沢,宮川などの清流はヤマメニジマスの釣り場となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小菅[村]の関連キーワード郡内道志川都留文科大学忍野八海甲州都留かつやまたばやまどうしなるさわ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone