コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅[村] こすげ

世界大百科事典 第2版の解説

こすげ【小菅[村]】

山梨県北東部,北都留郡の村。人口1123(1995)。東は東京都に接する。西端大菩薩峠から発して,東流する小菅川沿いに集落がある。四方を山地に囲まれ,耕地は少なく,ほとんどが山林で占められる。基幹産業は林業であるが,特産物のコンニャクワサビ,キノコなどの栽培も行われる。過疎化は進んでいるが,近年は弱電などの工場を誘致して,人口の流出を防いでいる。東京都側との交流が盛んで,奥多摩につながる観光地でもあり,小菅川,白沢,宮川などの清流はヤマメニジマスの釣り場となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小菅[村]の関連キーワードコペルニシウムコペルニシウム富山県の要覧フライ級スーパーフライ級超ウラン元素ハンドレッドウェイト南越国コペルニシウム織物工業

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小菅[村]の関連情報