小葉田 淳(読み)コバタ アツシ

20世紀日本人名事典の解説

小葉田 淳
コバタ アツシ

昭和・平成期の日本経済史学者 京都大学名誉教授;住友史料館名誉館長。



生年
明治38(1905)年4月24日

没年
平成13(2001)年8月8日

出生地
福井県丸岡町

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部史学科〔昭和3年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和22年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和44年〕「日本鉱山史の研究」,勲二等瑞宝章〔昭和50年〕,琉球新報賞(第32回)〔平成8年〕,文化功労者〔平成8年〕

経歴
昭和5年台北帝国大学講師、助教授。10年琉球王朝の東アジア規模の交易記録「歴代宝案」を発掘。敗戦後、国立台湾大学副教授として留用され、21年末帰国。22年東京文理科大学教授、24年京都大学教授、44年龍谷大学教授、46年京都女子大学教授を歴任。62年〜平成11年住友史料館館長。冷泉家時雨亭文庫常務理事を務めた。中世の貨幣流通や現地踏査による鉱山史を研究、これらの分野を初めて近代科学として確立した。著書に「中世南島通交貿易史の研究」「日本貨幣流通史」「金銀貿易史の研究」「日本銅鉱業史の研究」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小葉田 淳 (こばた あつし)

生年月日:1905年4月24日
昭和時代;平成時代の日本史学者。京都大学教授;住友史料館館長
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android