コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小葉田 淳 コバタ アツシ

20世紀日本人名事典の解説

小葉田 淳
コバタ アツシ

昭和・平成期の日本経済史学者 京都大学名誉教授;住友史料館名誉館長。



生年
明治38(1905)年4月24日

没年
平成13(2001)年8月8日

出生地
福井県丸岡町

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部史学科〔昭和3年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和22年〕

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和44年〕「日本鉱山史の研究」,勲二等瑞宝章〔昭和50年〕,琉球新報賞(第32回)〔平成8年〕,文化功労者〔平成8年〕

経歴
昭和5年台北帝国大学講師、助教授。10年琉球王朝の東アジア規模の交易記録「歴代宝案」を発掘。敗戦後、国立台湾大学副教授として留用され、21年末帰国。22年東京文理科大学教授、24年京都大学教授、44年龍谷大学教授、46年京都女子大学教授を歴任。62年〜平成11年住友史料館館長。冷泉家時雨亭文庫常務理事を務めた。中世の貨幣流通や現地踏査による鉱山史を研究、これらの分野を初めて近代科学として確立した。著書に「中世南島通交貿易史の研究」「日本貨幣流通史」「金銀貿易史の研究」「日本銅鉱業史の研究」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小葉田 淳 (こばた あつし)

生年月日:1905年4月24日
昭和時代;平成時代の日本史学者。京都大学教授;住友史料館館長
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

小葉田 淳の関連キーワード味方但馬永享条約大黒常是石見銀山院内銀山勘合貿易神谷寿禎朝尾直弘応永条約灰吹銀肥富

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android