コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小規模郵便局

1件 の用語解説(小規模郵便局の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小規模郵便局

主に集配をせずに受け付けだけをする地域型の郵便局で、全国に約1万9千局あり、全郵便局の8割を占める。扱う金額も少なめで、現金自動出入喫ATM)での預金引き出し限度額(50万円)を超える時は予約が必要だったり、基幹郵便局を案内することもある。郵政民営化の前は特定郵便局と呼ばれ、局長を含む2~3人程度の局が多かった。当時の松岡郵便局は大津さんを含む3人が働いていた。

(2014-01-30 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小規模郵便局の関連キーワード受付受け付ける・受付ける駆け付け・駆付け駆け付け三杯・駆付け三杯・駆け付け三盃・駆付け三盃集配付け竹・付竹優先的受付ける駆付け付竹

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone