コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小説月山

1件 の用語解説(小説月山の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小説月山

22歳で小説「酩酊(よいどれ)船」を発表し文壇デビューした森敦が、40年間の沈黙を破って1973年に発表。翌年1月、当時最高齢の61歳で第70回芥川賞を受賞した。受賞後、注連寺には小説の石碑が建てられ、森を囲んで全国のファンが文学を語り合う「月山祭」も開かれた。直筆原稿は今年5月、森が生前に「はってでも行く」と語っていた注連寺がある鶴岡市に遺族から寄贈された。

(2014-08-10 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小説月山の関連キーワード森敦酔いどれワイドレンズワイドレシーバー黒いドレスの女「酔いどれ家鴨」亭のかくも長き煩悶酔いどれ次郎八酔いどれ探偵街を行く酔いどれの誇りドレロイド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone