コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小説津軽

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小説津軽

太宰治が1944年に故郷の津軽地方の各地を3週間ほど旅して書いた。旅の中で、子守だった「たけ」(越野タケさん)に会うことを切望。いいことは後にと、最後に旧・小泊村(現・中泊町)のたけを訪ねる。が、留守だった。たけの五女・節(当時13)が腹痛で薬を取りに家に戻り、運動会の会場まで太宰を案内。2人は再会し、会場や竜神様の桜の前で語り合う。

(2014-07-31 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

小説津軽の関連キーワード青森県北津軽郡中泊町小泊砂山青森県北津軽郡中泊町小説 津軽の像記念館津軽世去れ節十三湖龍飛崎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小説津軽の関連情報