コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小説親鸞

1件 の用語解説(小説親鸞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小説親鸞

丹羽が60歳の時から3年半かけて新聞で連載した代表作の一つ。悪人正機説で知られる親鸞の生涯を通じ、煩悩に翻弄(ほんろう)される弱い人間が救われる様子を描いた。

(2006-12-13 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小説親鸞の関連キーワード以往掛けて此の頃五夜夕刊年半東北空襲堤寒三丹羽氏定丹羽氏純

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone