小谷 ヘンリー(読み)コタニ ヘンリー

20世紀日本人名事典の解説

小谷 ヘンリー
コタニ ヘンリー

大正・昭和期の映画カメラマン,映画監督



生年
明治20(1887)年4月25日

没年
昭和47(1972)年4月8日

出生地
広島県広島市仁保町

本名
小谷 倉市

学歴〔年〕
ロイヤル・ハイスクール〔明治42年〕卒,オークランド・ヒルズ・カレッジ〔明治44年〕中退

主な受賞名〔年〕
勲五等瑞宝章〔昭和39年〕

経歴
幼時両親とともに渡米。大正2年トーマス・H・インス撮影所に入り俳優として活動、6年パラマウントの撮影所に移りカメラマンとなった。9年セシル・B・デミル監督の推薦で創立したばかりの松竹キネマに招聘され帰国、松竹蒲田撮影所カメラマン兼監督となり、第1作「島の女」、10年栗島すみ子デビュー作「虞美人草」を撮影・演出。次いで「電工と其妻」「トランク」などを撮影。12年松竹下加茂に移り、以後、日本映画草創期の撮影技術指導者として多くの技術者を養成した。のちパラマウント・ニュース極東代表となり、戦後は昭和20年駐日米陸軍通信隊映画班の教官となった。マービン・ルロイ監督も彼の教えを受けている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android