コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小豆島のオリーブ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小豆島のオリーブ

1908(明治41)年、政府が米国から輸入したオリーブの苗木小豆島と三重、鹿児島に植えられ、小豆島だけ栽培に成功。60年代に栽培面積が100ヘクタールを超えた。輸入自由化で80年代に34ヘクタールまで減ったが、2003年に企業が参入できる構造改革特区に認定されてから、過去最高の110ヘクタールまで盛り返している。

(2012-02-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

小豆島のオリーブの関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小豆島のオリーブの関連情報