小野 金六(読み)オノ キンロク

20世紀日本人名事典の解説

小野 金六
オノ キンロク

明治・大正期の実業家 東京割引銀行頭取;富士製紙社長。



生年
嘉永5年8月18日(1852年)

没年
大正12(1923)年3月11日

出生地
甲斐国巨摩郡河原部村(山梨県韮崎市)

経歴
家業の酒造業のかたわら、早くから米や塩を商い、19歳の時、長崎で養蚕業を学び桑の栽培、養蚕に取り組んだ。さらに赤穂からの塩の買い付けに成功した。明治6年上京、東京府雇を経て貿易業小野組、廻米問屋の重役となり、10年ごろ米の大買占めに成功。13年甲府の第十国立銀行東京支配人、第九十五銀行、割引銀行各頭取を経て、26年東京割引銀行を創設、頭取となった。また静岡県富士市に富士製紙(本州製紙富士工場)を創立、北海道釧路に工場建設、さらに日本製紙を合併、大阪にも工場を建てた。引き続き駿豆鉄道、東京市街鉄道、両毛鉄道、日本電燈、富士電気などを傘下におさめ、甲州財閥の一人として重きをなした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小野 金六 (おの きんろく)

生年月日:1852年8月18日
明治時代;大正時代の実業家。第十国立銀行東京支店長
1923年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android