コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野通女

1件 の用語解説(小野通女の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小野通女

通説では安土桃山・江戸前期の浄瑠璃物語の作者。美濃生。小野政秀の娘。和歌を九条稙通に学び、書画に巧みで狩野光信に学び、好んで天神の像を描いた。はじめ織田信長に仕え、信長歿後は田舎に閉居したが淀君に召され侍女となり、淀君の所望によって牛若丸と浄瑠璃姫の物語『十二段草子』を創作したといわれる。淀君歿後は徳川秀忠の女千姫、のち東福門院に仕える。寛永8年(1631)歿、63才〔一説に元和2年(1616)歿、58才〕。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone