コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井桜

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小金井桜

江戸期、将軍吉宗の時代の1737(元文2)年、大和の吉野山などから山桜苗木が取り寄せられ、玉川上水両岸に植えられた。山桜特有の気品と優美さがある桜並木に成長、広重の富士三十六景でも描かれて、美しさは江戸中に知れ渡った。江戸から東京にかわっても花見の名所として人気は衰えず、身近な行楽地になった。1924(大正13)年に国の名勝に指定された。

(2007-02-07 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

小金井桜の関連キーワード小金井 芦洲(5代目)談洲楼 燕枝(初代)神田 伯山(5代目)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小金井桜の関連情報